トップ «前の日記(2001年07月11日(Wed)) 最新 次の日記(2001年07月13日(Fri))» 編集

智朗の徒然日記


2001年07月12日(Thu) [長年日記]

_ 雲ひとつ見当たらない晴

_

久しぶりに夢を見た。それも奇妙な夢だ。夢の中では、自分は転校したての高校生。校舎に慣れていないので迷い、授業に遅刻する。はたと目を覚して時計を見れば、本当に遅刻しそうな時間だった。目覚ましを止めたのは意識していなかったが、心のどこかに引っ掛かっていたのだろう。

_ ランタンのテスト

昨日購入したイワタニプリムスのP-531Aをテストした。マントルの上下がはっきりしない。穴の大きさで区別するらしいが、それほど違っているようには見えない。糸がついているのだから、その色で指示すればいいのに。

最初にマントルを空焼きするが、なかなか火がつかない。火がついても、盛大に燃えるのではなくじりじりと燃えていく。全周に火がついたところで、コックを開けてガスを供給した。見る見るうちにマントルが燃えて、丸く縮んでいく。結構な明るさだが、色温度は低い。いったんガスを止めて、ホヤをかぶせる。再度の点火は、圧電式の着火装置がついているので楽だ。これはなかなか楽しい。

コックの開度を変えてみたが、比較的速いうちにガス流量が頭打ちになる。もう少しストロークを多くとって、微妙な明るさの調整がしやすいといいのだが。