トップ > 興味のあること > 天体観望

更新情報

2022年7月23日 CX-30給油
2022年7月21日 CX-30回収
2022年7月18日 CX-30入庫
2022年7月9日 CX-30給油
2022年6月21日 蓄光塗料
2022年6月5日 CX-30で190km
2022年6月4日 CX-30の1ヶ月点検
2022年5月30日 外壁塗装、ほぼ終了
2022年5月28日 CX-30諸々
2022年5月17日 電圧低下
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

天文ソフトウェア

2001年8月2日

どこぞの編集部から在庫放出品として手にいれたステラナビゲーター for Windowsを使っていたが、 こいつはスカイセンサー2000PCをコントロールできない。 で、最新のバージョン5を購入した。 そのへんのソフト売り場には見当たらなかったが、 販売がアスキー出版局なので書籍扱いなのだろう。 だとすると、どこで買っても値段は同じ。 なので職場から一番近い協栄産業で買った。

さすがにずいぶんと機能が増えている。 視野角を表示できるのは便利だ。 星空案内やプラネタリウムも音声付きで楽しめる。 アストロアーツのページから 「軌道要素変更モジュール」をダウンロードしてインストールすると、 彗星の軌道要素などを自動的に入力できる。 リニア彗星には間に合わなかったけれどね。 ガイドスターカタログまで使って17等級の星まで表示させると、 本当に天の川がわかる。

ただ、インストールの方法には問題あり。 カスタムインストールを選択すると、 ガイドスターカタログをCD-ROMから読み込む方法が使えない。 ノートPCにインストールするとき、ちょっと困る。 また、仮想CD-ROMソフトなんかを使うときも面倒だ。 なぜ素直にドライブレターを指定するようにしなかったのだろうか。