トップ > 興味のあること > オーディオ

更新情報

2020年1月19日 CRF250Lを追加
2019年12月30日 modbusで読み出し
2019年12月1日 電圧電流センサー沈黙
2019年11月24日 PWMなチャージコントローラ
2019年11月16日 FITハイブリッド修理完了
2019年11月10日 FITハイブリッド修理
2019年10月19日 FITハイブリッド擦過傷
2019年10月5日 FITハイブリッド定期点検
2019年9月29日 iPhone 8 plus売却
2019年9月27日 iPhone 11購入
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

MDR-EX71SL

2004年10月8日

10年4年半にわたって使っていたMDR-EX70SLだが、 とうとうコードの被覆に亀裂が入ってしまった。 世間ではドンシャリの代表選手のごとく言われているが、 個人的には気に入っている音である。 後継機はSHAREのE2cにするか、 ソニーのMDR-EX71SLにするか、 悩ましいところである。

が、E2cは耳に合わないのであった。 結局、MDR-EX71SLにした。 最初の印象は、低音ドコドコ、である。 MDR-EX70SLに比べてもズンドコしているような印象。 しかしこれには理由があった。 とりあえずつけていた安物のヘッドホンが普通のインナータイプで低音が出にくい上に、 環境雑音に負けないように再生音量を上げていたのである。 MDR-EX71SLはかなり遮音性が高いので相対的に再生音が大きくなり、 低域が大きく聞こえたようだ。

再生音量を落とすと、結構バランスのいい音がする。 いわば、自然にラウドネスがかかっているとでも考えればいいのだろうか。 してみると、「MDR-EXシリーズはドンシャリの音」という人は私よりもずっと大きな音で聞いているのかもしれない。