トップ > 興味のあること > カメラとレンズと現像と

更新情報

2020年7月6日 28インチ4kディスプレイ購入
2020年7月5日 楽曲データ音量正規化その2
2020年6月24日 WanderlustのMessage-ID
2020年6月21日 FIT e:HEVに給油
2020年6月20日 moto g8 power購入
2020年6月13日 FIT e:HEVを軽く汚れ落とし
2020年6月6日 FIT e:HEVタイヤ空気圧確認
2020年6月6日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
2020年6月5日 CRF250Lチェーンに給油
2020年5月31日 eSIMとAQUOS R
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

A-TTLストロボ調光

1998年9月26日

T90で実用化されたA-TTLストロボ調光は、 ストロボ撮影も自動化してしまった。 測光をスポットに切り替えてから、 人の顔をセンターに捉えてシャッターを半押し。 そのまま構図を決めてシャッターを押しきれば、ほぼ適正露出になる。 インタビュー記事の写真を撮るのが飛躍的に楽になった。

さいわいT90用のストロボ300TLは、EOS-1NでもA-TTLで使える。 そこで遊んでいたら、こんな写真ができてしまった。

ストロボ写真

レンズはEF 35mm F2.0で撮影モードは絞り優先。 絞りは開放でシャッタースピードが2秒。 葉などの暗いとこはストロボの露光で止まってみえるが、 明い花はスローシャッターでも写っているのでブレブレ。 バックはボケているのでよくわからないが、これもブレブレだろう。 なんだか、変な写真である。