トップ > 興味のあること > カメラとレンズと現像と

更新情報

2022年7月23日 CX-30給油
2022年7月21日 CX-30回収
2022年7月18日 CX-30入庫
2022年7月9日 CX-30給油
2022年6月21日 蓄光塗料
2022年6月5日 CX-30で190km
2022年6月4日 CX-30の1ヶ月点検
2022年5月30日 外壁塗装、ほぼ終了
2022年5月28日 CX-30諸々
2022年5月17日 電圧低下
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

露出の失敗

1999年12月8日

こんにちでは珍しい、露出の失敗をやってしまった。それもたて続けに。

最初は、ストロボ撮影。 EOS-1N DPに300TLをクリップオンで使っていたのだが、 ちょいと足がずれて接触がおかしくなったらしい。 ストロボの充電が終了してもシャッター速度が1/6秒で、 おまけにフル発光したかのように再充電に時間がかかる。 この時は5カットくらいで気がついた。

次はM6で定常光撮影の時。 ISO感度400のフィルムを詰めたとはいえ、 薄曇りの屋外で1/1000秒f5.6なんて数値を信用した私が馬鹿だった。 もう少し、自分の露出感を信じればよかった。 でも、今日試してみたらまともな数字が出る。 感度設定ダイヤルの噛み合わせが悪くて浮いていたのだろうか?