トップ > 興味のあること > コンピュータ > ハードウェア > パーソナルコンピュータ

更新情報

2020年7月6日 28インチ4kディスプレイ購入
2020年7月5日 楽曲データ音量正規化その2
2020年6月24日 WanderlustのMessage-ID
2020年6月21日 FIT e:HEVに給油
2020年6月20日 moto g8 power購入
2020年6月13日 FIT e:HEVを軽く汚れ落とし
2020年6月6日 FIT e:HEVタイヤ空気圧確認
2020年6月6日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
2020年6月5日 CRF250Lチェーンに給油
2020年5月31日 eSIMとAQUOS R
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

FMV-466D

1997年9月26日

編集部の片隅に転がっていたのを自宅に持ち帰って使用。

最近はゲームのパッケージに対応機種としてPC-9821、DOS/V、 FMVと書いてあるという噂もあるほど、 まっとうなPC/AT互換機とはかけはなれているようだが、 この頃のFMVは素直なものだ。 もちろん、Windows 95を入れてバリバリのメインマシン、 なんてことはいまとなっては不可能。

で何をやっているかといえば、 FreeBSDをインストールして家庭内LANのサーバーとして活躍している。 squid、DNS、sendmail、PPPなどをサービスしているが、 さすがにファイルサーバーとしては遅くて使いものにならない。 PPPにはNATパッチを当てているので、 Windows 95マシンからは専用線でつながっているかのようにWWWにアクセスできる。

標準だと380MBくらいのHDだが、いまは1.6GBくらいのHDになっている。 Windows 95ベースだと、おそらくHDを全部使うことはできないだろう。 いきなりFreeBSDをインストールしたので確認していないが。 FreeBSDでは、インストーラー任せでスライスを切って、 ぜんぜん問題ない。 買いたくても、もう500MBクラスのIDE HDなんて、 新品じゃあないですからなあ。

メンテナンスは、 もっぱらメインマシンのWindows 95上からTeraTerm Pro経由で行っている。 とにかくログインしてしまえばほとんどの作業ができるので、 NTのようにいちいちキーボード/マウス/ディスプレイを切り替えなくてすむのが楽。 8月はリブートをおこしまくっていた。 やっぱり暑かったのかなあ。

1997年11月29日

部品寄せ集め1号が就役したため、退役。 メモリもHDも抜き取られて眠っている。 ふたたび復活する日は来るのだろうか。