トップ > 興味のあること > コンピュータ > ハードウェア > パーソナルコンピュータ
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

IBM PC 300PL

2002年11月23日

最近部品寄せ集め6号の調子が悪いので、 メールサーバーだけでも別のマシンにしようかと考えていた。 すると、職場で減価償却が終わり、 廃棄処分を待つばかりというマシンがあるではないか。 PentiumIII/500MHzに192MBのメモリと8GBのHDがつく。 チップセットは440BXらしい。 ちょっとHDが少ないような気もするが、 メールサーバーとしてなら十分だろう。

BIOSを最新のものにアップデートしたが、 やはり20GBのHDは認識できなかった。 また、CD-ROMからのブートも無理である。 久しぶりにインストール用のFD2枚を作って、 FreeBSD 4.7をインストールした。 続けてqmailやdbjdns、emacs21、 imap-uwなどをportsでインストール。 一応の動作を確認したので、 しばらく動かして止まらないかどうか様子を見ることにした。

2002年11月24日

さすがにIBM製だけのことはある。 PCIのカードを差してみたが、ケースの精度はばっちり。 しかも、分解した範囲では1種類のネジしか使っていない。

今日はもう1枚NICを差して、ゲートウェイ化。 さらにsquidとdjbdnsをインストール。

2004年8月12日

FreeBSDを4.7から5.2.1にする。 いつの間にか、CD-ROMからブートできるようになっていた。

  1. CD-ROMからKernel developerでインストール。
  2. kernel再構築。シリアル、パラレル、SCSIなどを削除。
  3. /usr/portsをsunからコピー。
  4. 毎日9時5分に/usr/portsをアップデートするスクリプトを仕込む。

2004年8月13日

  1. rsyncインストール。
  2. perl 5.8インストール。
  3. bash 3.0インストール。
  4. cvsupインストール。
  5. net-snmpインストール。
  6. ruby 1.8インストール。
  7. daemontoolsインストール。
  8. djbdnsインストール。
  9. seti@homeインストール。
  10. portupgradeインストール。
  11. qmailインストール。
  12. emacsインストール。
  13. /etc/aliases書き換え。
  14. /etc/mail/mail.conf書き換え。

2004年8月19日

Apache2と、mod_php4をインストール。 メインのサーバーから個人のwebデータをrsyncして、 表示できることを確認。

2005年1月2日

OSをFreeBSD 5.3に入れ替え。

2006年3月25日

phpMyAdminをアップデートしたら、 ネットワーク周りが反応しなくなってしまった。 リブートしても回復しないので、FreeBSD 6.0に入れ替え。

  1. /etc/aliasの書き換え。
  2. /etc/mail/mail.confの書き換え。
  3. portsからcvsup-nox11を入れて最新のportsをget。
  4. perl 5.8.8をインストール。
  5. portupdateをインストール。
  6. bashをインストール。
  7. djbdnsをインストール。
  8. メインのサーバーからdjbdnsの設定をコピーして修正。
  9. net-snmpをインストール。
  10. メインのサーバーからnet-snmpの設定をコピーして修正。
  11. rsyncをインストール。
  12. Apache 2.2をインストール。
  13. PHP 4.4.2をインストール。
  14. phpMyAdmin 2.8.0.2をインストール。
  15. mod_php4をインストール。
  16. PHPとmod_php4が干渉。PHPと関連portsを削除。
  17. 改めてmod_php4をインストール。
  18. php4-extentionsをインストール。
  19. phpMyAdmin/config/config/config.inc.phpとhttp.confを修正。
  20. emacsをインストール。
  21. /etc/hosts.allowをメインのサーバーからコピー。
  22. /etc/defaults/perodic.conf内のdaily_status_disks_df_flagsを-hiにセット。
  23. sshの鍵を作成。
  24. .ssh/authorized_keys2にメインサーバーなどの鍵を追加。

2010年1月24日

FreeBSD 8.0にアップデート。 /etcとか/usr/local/etcとかをバックアップしてから、 クリーンインストール。

  1. /etc/rc.confの書き換え。
  2. bashをパッケージでインストール。
  3. freebsd-update fetch, freebsd-update installで最新パッチに。
  4. /etc/ntp.confを書き換え。
  5. portsanp fetch extractでpors collectionをコピー。
  6. /etc/aliasの書き換え。
  7. /etc/mail/mail.confの書き換え。
  8. /etc/make.confの書き換え。
  9. /etc/portsnap.confの書き換え。
  10. /etc/ssh/sshd_configの書き換え。
  11. djbdns(IPv6パッチ)のインストール。
  12. バックアップしてあったDNS設定ファイルをコピー。
  13. /etc/hosts.allowの書き換え。
  14. /etc/defaults/perodic.conf内のdaily_status_disks_df_flagsを-hiにセット。
  15. perl 5.10.1のインストール。
  16. net-snmpをインストール。
  17. portupgradeをインストール。

2011年2月27日

FreeBSD 8.1にアップデート。 今回はfreebsd-updateを使って、比較的簡単にアップデートできた。 しかし、うっかりrc.confにダブルクォートを余分に書いてしまい、 ブート途中で止まってしまう羽目に。 シングルユーザーモードで起動して、fsck -p、mount -u /、mount /tmp とやってからedで編集。

2011年3月16日

あっという間にFreebsd 8.2が。 今回はfreebsd-updateであっさりとアップデートできた。

2011年7月16日

複数台のサーバーを動かすと電気代がバカにならない。 でもってPentiumIIIベースのマシンだとそろそろ部品が手に入らない。 というわけで部品寄せ集め6号に機能をマージして退役させた。 2002年11月から動かしていたのだから、よく働いてくれたものである。