トップ > 興味のあること > コンピュータ > ハードウェア > パーソナルコンピュータ > 部品寄せ集め6号
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

2003年の部品寄せ集め6号

2003年3月8日

ふたたび、定期ジョブ実行中に止まった。 どうも、pdumpfsによるバックアップが原因ではないか? もっとも、前日のログでは

 /dev/ad2s1c    18G   1.1G    16G     6%  110233  2308965    5%   /home/taocp
          

なので、容量的に問題があるわけではない。 ハードリンクを張りまくっているので、 そのあたりが原因ではないかと思うのだが……。

2003年5月31日

光ファイバーを自宅に引いて、1年が過ぎた。 落ちることもないし、IPアドレスが変わることもない。 そろそろ外に借りているレンタルサーバーを解約してもよいかも。 というわけで、DNSサーバーを設置。

ディレクトリ IPアドレス
外向けDNS /var/gdns 43.234.4.202
内向けDNS /var/ldns 127.0.0.1
キャッシュ /var/dnscache 192.168.2.2

という線で進める。

  1. まずは外向けDNS用ディレクトリをtinydns-conf dns dnslog /var/gdns 43.234.4.202で作成。
  2. add-ns、add-mx、add-host、add-aliasなどでエントリを追加。
  3. makeを実行。
  4. cd /service、ln -s /var/gdns .でサービス開始。
  5. 内向けDNS用ディレクトリをtinydns-conf dns dnslog /var/gdns 127.0.0.1で作成。
  6. エントリを追加してmakeを実行
  7. /var/dnscache/env/IPを127.0.0.1から192.168.2.2に書き換え。
  8. /var/dnscache/root/serversの各ファイル内容を127.0.0.1に書き換え。
  9. svc -d /service/dnscache; svc -u /service/dnscacheでキャッシュを再起動。
  10. /etc/resolv.confを192.168.2.2に書き換え。
  11. dhcpサーバーがDNSサーバーを192.168.2.2とアナウンスするように修正。

2003年6月3日

DNS回りの設定を変えたせいか、 squidを動かしたせいか、 職場から自宅のWebサーバーにアクセスすると妙に遅い。 sshでのログインは問題ないのだが。 apacheをrestartしても同じだったが、 いったん停止してから再起動することで嘘のようにスムーズに。

2003年6月30日

最近、ad1cがエラーを出すようになった。現在HDは

 ad0: 38166MB <WDC WD400EB-00CPF0> [77545/16/63] at ata0-master UDMA33
 ad1: 43979MB <IBM-DTLA-307045> [89355/16/63] at ata0-slave UDMA33
 ad2: 19092MB <ST320413A> [38792/16/63] at ata1-master UDMA33
 ar0: 152666MB <ATA RAID0 array> [19462/255/63] status: READY subdisks:
 ad4: 39205MB <Maxtor 2F040L0> [79656/16/63] at ata2-master UDMA66
 ad6: 39082MB <Maxtor 94098U8> [79406/16/63] at ata3-master UDMA66
 ad5: 38166MB <ST340810A> [77545/16/63] at ata2-slave UDMA66
 ad7: 38166MB <ST340810A> [77545/16/63] at ata3-slave UDMA66
          

で、 /etc/ccd.confにccd0 16 none /dev/ad1c /dev/ar0cと書き込んでいる。 そろそろHD交換の時期か。

2003年7月11日

エラーの起き始めたIBM-DTLA-307045を、 Maxtor 4R080L0に置き換えた。 不要なファイルを削除し、データをバックアップ。 フォーマットしたHDのチェックやら、リストアで、 なんだかんだと20:30頃に始めた作業が一段落したのは4:00過ぎだった。

 ad1: 43979MB <IBM-DTLA-307045> [89355/16/63] at ata0-slave UDMA33 
          

 ad1: 78167MB <Maxtor 4R080L0> [158816/16/63] at ata0-slave UDMA33
          

に置き換わって、共有用HDの容量が合計で222GBに。 ところが最近じゃあ、HD 1台でこの容量だもんなあ。

2003年10月9日

最近、DDS2ドライブが頻繁にクリーニングを要求する。 もう2年以上使っているので、そろそろ寿命なのかも。 ottoあたりで中古のドライブでも仕入れるか。