トップ > 興味のあること > コンピュータ > 家庭内ネットワーク > 家庭内LAN

更新情報

2018年5月1日 nginxの設定を変更
2018年4月30日 apacheをバックエンドに
2018年3月29日 PROMASTER停止
2018年3月18日 給湯器工事
2018年3月15日 R
2018年3月12日 給湯器見積もり依頼
2018年3月8日 10.5インチiPad Pro
2018年2月20日 F-84W-1時刻調整
2018年1月30日 カード解約
2018年1月17日 リクルートカード到着
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

2017年の家庭内LAN

2017年12月31日

バッファローの無線LANルーターを複数台、 ブリッジモードや中継モードで使ってたのだが、 時々通信できなくなる。 無線LANルーターを再起動すると直ったりするのだが、 私以外の人間は再起動できない。 なので、tp-linkのDeco M5を購入。

  1. 最初の1台を有線LANで既存のネットワークに接続する。
  2. 最初の1台の電源を入れ、LEDが青く点滅するまで待つ。
  3. iPhoneにインストールした専用アプリを起動。
  4. 専用アプリで既存ネットワーク側の静的IP、動的IP、PPPoEを選択。
  5. 静的IPで、IPアドレスやルーターを設定。

で動き出す。 ちなみに、 DecoとアプリケーションはBluetoothで接続しているようだ。 何も指定しなければ、 最初の1台はルーターとして動作し、 192.168.0/24なネットワークを無線LANとして提供する。 これは固定なので、自宅のネットワークと重複すると面倒だ。 幸い、我が家では重複しなかった。 ファームウェアが最新ならブリッジとしても設定できるが、 ブリッジにするとセキュリティ機能やアクセス制限、 DHCPサーバーなどが無効になる。

2台目以降は電源を入れ、 LEDが青く点灯するまで待ってから、 やはり専用アプリケーションで既存ネットワークに追加する。 これは中継機とブリッジを兼用することになる。 離れにルーターを、母屋にブリッジを1台設置したが、 これだけで結構いけそうな感じである。