トップ > 興味のあること > コンピュータ > ソフトウェア

更新情報

2020年6月24日 WanderlustのMessage-ID
2020年6月21日 FIT e:HEVに給油
2020年6月20日 moto g8 power購入
2020年6月13日 FIT e:HEVを軽く汚れ落とし
2020年6月6日 FIT e:HEVタイヤ空気圧確認
2020年6月6日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
2020年6月5日 CRF250Lチェーンに給油
2020年5月31日 eSIMとAQUOS R
2020年5月30日 ヘルメット新調
2020年5月23日 FIT e:HEV ETC 2.0取り付け
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Firefly

http://www.fireflymediaserver.org/

2009年3月13日

かつてはmt-daapdという名前だった。 iTunesに対してネットワーク越しにライブラリをストリーミングで提供する。 FreeBSD 7.1にportsで導入し、 /usr/local/etc/mt-daapd.conf をちょこちょこいじるだけで比較的簡単に動作した。 問題は、メタデータである。

iTunesは基本的にUTF-8ベースでメタデータを扱うようだ。 対して、mp3にはMS漢字コードでメタデータが入っていることが多い。 古いmt-daapd へのパッチも存在したのだが、 インストールしたFireflyは国際化対応の片鱗がみられる。 下手にパッチは当てたくない。 が、これがどうもうまく動かないのである。 ところがm4aなデータだと問題なく表示される。 もう腹をくくって、mp3からm4aに移行することにした。 汎用性の点ではmp3に一日の長があるのは明白なのだが、 iPodのブレイク以来m4aもずいぶんと対応している機材が増えている。 そろそろ移行しても問題はないと踏んだ。 チマチマとID3tagエディタで変換するのにも疲れたし。