トップ > 興味のあること > ビデオデッキ

更新情報

2022年7月23日 CX-30給油
2022年7月21日 CX-30回収
2022年7月18日 CX-30入庫
2022年7月9日 CX-30給油
2022年6月21日 蓄光塗料
2022年6月5日 CX-30で190km
2022年6月4日 CX-30の1ヶ月点検
2022年5月30日 外壁塗装、ほぼ終了
2022年5月28日 CX-30諸々
2022年5月17日 電圧低下
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

EDV-9000

1997年2月26日

当時の最高級

いまや見る影もないED Betaだが、 出現当時はS-VHSなど問題にならない画質だった。 いま見てもすごく素直な描写で、 一見すると解像度が高いようには見えない。 いかにSL-HF3000がガリガリに輪郭補正をかけていたかが、 一発でばれてしまう。

これにも、コントロールT端子がついている。 というか、SL-HF3000とEDV-9000しか、 コントロールT端子がついているビデオデッキは知らないのだけれど。 購入後、さっそくEDV-9000を送り出し側に、 SL-HF3000を受け側にしてアッセンブル編集をやってみた。 カタログ表記以上の編集精度で、ほとんど+-0で編集できる。 それまで、デッキ同士のずれを考えて操作していたのに比べると、 夢のように楽な操作だ。

世の中の趨勢は予想通りS-VHSへと向かい、 ED Betaはほぼ死に絶えてしまった。 見ていないのでわからないが、 画質的にもいまやS-VHSのほうが上だろう。 でも、我が家では相変わらず現役である。 すでに一度ヘッド交換もしているが、 当分がんばってもらう予定である。