トップ > 興味のあること > カメラとレンズと現像と > ボディ

更新情報

2020年2月14日 CRF250Lに給油
2020年2月2日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
2020年2月2日 FITハイブリッド手入れ
2020年1月19日 CRF250Lを追加
2020年1月4日 FITハイブリッド給油
2019年12月30日 modbusで読み出し
2019年12月1日 電圧電流センサー沈黙
2019年11月24日 PWMなチャージコントローラ
2019年11月16日 FITハイブリッド修理完了
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

D70s

2005年12月14日

Nikon デジタル一眼レフカメラ D70S
ニコン (2005-04-27)
売り上げランキング: 242,061

勤務先の機材として、 タムロンの18-200mmと、 純正スピードライトSB-600と、セットで購入。 都内量販店だと、17万円を切る。 これなら固定資産ではなく、消耗什器として買えるのだ。

ボディ単体で実売10万円クラスだと、 ニコンでD70s、キヤノンはEOS Kiss Digital N。 機能的にはどちらでも大差なさそう。 レンズの資産があるわけでもなし。 で、ファインダーをのぞいたら、 D70sのほうがアウトフォーカス部分のぼけ具合が自然に見えた。 これが理由で決定。

AFモードはシングルショットの1点選択にした。 ただ、同じ部署の女性が使ったら、 うっかりAFフレームを動かしてしまったらしくてピンぼけ写真ができてしまった。 普段はロックをかけておいた方が良さそうだ。

講演を撮影することが多いので内蔵ストロボでは全然光量が足りず、 当然のごとくクリップオンの外部ストロボを使う。 おおむねカメラ任せで問題ないのだが、 シチュエーションによってはストロボ撮影が意外なほど背景の影響を受ける。 というか、 反射率の高いプロジェクタースクリーンをバックにするという状況が、 プログラムで想定されていないのだろう。 マルチパターンでも、中央測光に切り替えても、傾向としては同じ。 結局、+2の露出補正をかけることになった。 定常光なら補正なしでほぼ問題ない。 まあこういった撮影結果を現場ですぐに確認できるのが、 デジタルの便利なところ。

18-200mmのレンズは、これ1本ですんでしまうので大変便利。 画質は厳密にチェックしていないが、 会報誌に載せる程度の大きさなら問題なし。 焦点距離全域でF4くらいの明るさがほしいというのは、無い物ねだりか。