トップ > 興味のあること > カメラとレンズと現像と

更新情報

2020年1月19日 CRF250Lを追加
2019年12月30日 modbusで読み出し
2019年12月1日 電圧電流センサー沈黙
2019年11月24日 PWMなチャージコントローラ
2019年11月16日 FITハイブリッド修理完了
2019年11月10日 FITハイブリッド修理
2019年10月19日 FITハイブリッド擦過傷
2019年10月5日 FITハイブリッド定期点検
2019年9月29日 iPhone 8 plus売却
2019年9月27日 iPhone 11購入
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ボディ

現在の機材

購入順に並べると

番外

雑感

1998年9月14日

やはり最初に使ったカメラというのは多大な影響を与えるらしく、 マット面の中央にマイクロプリズムを配置したFTbのファインダーが、 いちばん見やすくてピントも合わせやすい。

また同じレンジファインダーとはいえ、VLとM6では全然違う。 それは、M6にあるブライトフレームがVLにはないためだ。 VLの方は一眼レフのように、 ファインダーに見えた範囲がすなわち撮影範囲である。 ところが、 M6はファインダーに見えている対象をフレームで切り取ることになる。 やはり、感覚的に大きく違ってくる。

どうして、 視野率110%でブライトフレームを備えたSLRは普及していないのだろうか。 まあ、光学系の設計が大変でコストが高くなる、 なんてところが理由だろうなあ。

2000年1月21日

仕事で、D1に300mm/F2.8をつけて構える機会があった。 400mm/F2.8に相当するので、被写界深度が浅いこと、浅いこと。 おまけに10分もすると、重くて手が震えてくる。 これを手持ちで使うのだから、やはりプロは凄いよなあ。

2005年9月25日

えらくカタログが豪華なEOS 5D。 ボディの能力としてはEOS 20D相当なのでは? という予想も聞く。 しかし撮像素子が35mmフルサイズというのは魅力的である。 EOS 10Dで20mm相当の画角を得ようとすると、大変なのだ。 明るいレンズはないし。

2005年10月3日

買い物のついでにヨドバシカメラ上野店でEOS 5Dのデモ機を見た。 バッテリーが無くなっていたので動作は確認できなかったが、 ファインダーはずいぶん見やすくなったような気がする。 ボーナスを少しずつ貯めるかなあ。 でも、1年半くらいでもっと安いのが出てきそうな予感もする。