トップ > 興味のあること > カメラとレンズと現像と > ボディ

更新情報

2024年6月22日 PX-M730F Mインク交換
2024年6月16日 ノート給油
2024年6月9日 電気カミソリ新調
2024年6月3日 日付ずれ
2024年6月2日 2024年の家庭内LAN
2024年5月26日 Oliveカード到着
2024年5月26日 反応の遅い楽天カード
2024年5月16日 PX-M730F Yインク交換
2024年5月14日 遅れ気味
2024年5月13日 スピードマスタープロフェッショナル時刻修正

EOS R7

https://cweb.canon.jp/eos/lineup/r7/

2023年6月24日

写真:EOS R7 EOS 7Dを買ってから10年起つんだなあ、 などと思っていたら、 つい購入。 RF-S 18-150mm F3.5-6.3 IS STM とのレンズキットである。 一緒に EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM も購入。 今買っておかないと、 EFレンズはどんどんディスコンになりそうだからなあ。 合わせて29万2490円也。

同梱のバッテリーは容量の上がった新型だが、 EOS 7D用のバッテリーも使える。 バッテリーチャージャーは型番も一緒だった。 ファームウエアが1.2.0だったので、さっそく1.3.1にアップデート。

EOS 7Dに比べると小さくて軽い。 また測距フレームがやたらとある。 人や動物を撮るならカメラ任せで大丈夫だろうけれど、 慣れないと狙った場所にピントを合わせるのは大変そうである。

2023年6月25日

ボディとレンズを購入したときのポイントで、 EF/M42/L39とRFマウントのアダプタを購入。 フランジバックが短いので、L39もいけそう。 ただ Jupiter-12 35mm F2.8 は後玉がかなり出っ張っているので、 もしかすると付かないかも。

ケーズデンキで3000円くらいの保護フィルタを見つけたので、 RF-S用とEF-S用に1枚ずつ購入。

SDXCメモリカードは手持ちにクラス10な64GBのものがあった。 これでもjpegなら最大画素数で4000枚以上撮影できる。 4k動画を撮らなければ、これでも問題無さそう。 しかしせっかく二つのスロットがあるのだし、 書き込み速度180MB/sな64GBのSDXCを追加購入。 これだと4k/50fpsでもいけるはず。

なお、 購入直後のSDXCメモリカードはカメラでフォーマットできなかった。 認識にもちょっと時間がかかり、その間はカメラが操作できない。 なのでPCのSD Card Formatterで上書きフォーマットした。 その後は問題なくカメラでも認識してフォーマットできた。

2023年11月20日

毎年恒例のイベントで、 EOS R7実戦デビューである。

まだAFエリアの選択に戸惑うが、 基本的に瞳に焦点が合うので楽なことこの上なし。 また消音モードにすると本当に静かである。 一瞬ファインダー像がフリーズしなければ、 撮影したのか疑わしい程である。

1日で391カット撮影して、バッテリーは残り19%。 まあ1日は持つ、といったところ。

自分の構え方だと、 ストラップがメニューボタンを押してしまうことが多い。 左側を一旦前に回しておく必要がある。

2023年11月21日

今日は一脚を使ってみた。 結構よいかも。 その代わりなのか、中指がグリップに擦れて痛い。

389カット撮影して、バッテリーは残り42%。 昨日よりも効率良くなっているな。

2023年12月6日

メールで案内が来たので、 ファームウェアを1.4.0にアップデート。 「RF-S10-18mm F4.5-6.3 IS STMに対応しました。」とあったけど、 アップデートのないRPで使えるのだろうか?