トップ > 興味のあること > カメラとレンズと現像と > ボディ

更新情報

2020年2月14日 CRF250Lに給油
2020年2月2日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
2020年2月2日 FITハイブリッド手入れ
2020年1月19日 CRF250Lを追加
2020年1月4日 FITハイブリッド給油
2019年12月30日 modbusで読み出し
2019年12月1日 電圧電流センサー沈黙
2019年11月24日 PWMなチャージコントローラ
2019年11月16日 FITハイブリッド修理完了
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

FTb

1997年12月15日

写真:FTb

生まれて初めて、ちゃんと撮影に使ったカメラ。 これも当然父親の持ち物。 当時のフラッグシップだったF-1と基本的な機能は同じで、 もちろん同じFDレンズが使えた。 ファインダー光学系のコンデンサレンズを45度で切断し、 ハーフミラーを蒸着してから接着するという、 変わった方法をとっている。 このため中央測光となり、測光部分は周囲よりも暗く見える。 どこを測っているのか一目瞭然で、非常に使いやすく感じた。 ただ、ハーフミラーを使っている都合で、 偏光フィルターを使うと露出計が当てにならないという欠点もある。

しかし、ライカマウントからR、FL、FD、 EFと都合4回もマウントを変えているメーカーも珍しい。

2000年4月23日

久しぶりに使ったら、時々巻き上げレバーが空回りしてる感蝕。 フィルムを現像してみたら、やはりコマが重なっている。 シャッターチャージや、露出計には問題ないのだが。 修理はいくらくらいかかるのかなあ。