トップ > 興味のあること > カメラとレンズと現像と > レンズ

更新情報

2020年8月1日 CRF250L給油
2020年7月25日 CRF250L 6ヶ月点検
2020年7月19日 FIT e:HEVに給油
2020年7月6日 28インチ4kディスプレイ購入
2020年7月5日 楽曲データ音量正規化その2
2020年6月24日 WanderlustのMessage-ID
2020年6月20日 moto g8 power購入
2020年6月13日 FIT e:HEVを軽く汚れ落とし
2020年6月6日 FIT e:HEVタイヤ空気圧確認
2020年6月6日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS

2012年11月14日

手ぶれ補正レンズを使ってみたくて、EOS 7Dとのレンズキットを購入。

2012年11月19日

職場のイベント撮影で実戦デビュー。 PCのディスプレイで普通に見る分には、 ちょっと歪曲収差が目立つ程度である。 しかしピクセル等倍で見ると、 四隅は色収差もあってガタガタである。 とはいえシグマ 18-200mm F3.5-6.3 DCも似たようなものである。 11倍という高倍率ズームを現実的な値段と大きさで実現するために、 現段階では妥協すべき部分なのだろう。

ちなみに、付属のDigital Photo Proffesionalというソフトウェアで、 RAWデータに対してデジタルレンズオプティマイザなる処理を施すと、 劇的に色収差が減少する。 この点をとってもメーカーの意図した通りの性能であり、 特に外れた個体というわけではなさそうだ。 ちょっとwebで作例を探してみたが、 やはり四隅は似たようなものだった。

2016年12月5日

妙に手ぶれすると思ったら、 手ぶれ補正がオフになっていた。 思わぬ形で手ぶれ補正の威力を実感した。