トップ > 興味のあること > カメラとレンズと現像と > レンズ

更新情報

2020年8月1日 CRF250L給油
2020年7月25日 CRF250L 6ヶ月点検
2020年7月19日 FIT e:HEVに給油
2020年7月6日 28インチ4kディスプレイ購入
2020年7月5日 楽曲データ音量正規化その2
2020年6月24日 WanderlustのMessage-ID
2020年6月20日 moto g8 power購入
2020年6月13日 FIT e:HEVを軽く汚れ落とし
2020年6月6日 FIT e:HEVタイヤ空気圧確認
2020年6月6日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ズミクロンM50mm F2

1997年12月15日

世界最高峰の標準レンズ。 だが、まだそれを意識できるほど使い込んでいない。 いちばん新しいタイプなので、 昔からライカを使っている人から見ると味のないレンズかもしれない。

ところで、ライカのレンズは開放F値によって名前が決まるようだ。

1.0 ノクチルックス
1.4 ズミルックス
2.0 ズミクロン
4.0 エルマー

といった感じである。

腕が悪くてピントが合っていないのか、 キャビネに伸ばした程度ではどうもしゃっきりとしない。 もしかすると、これがズミクロンの味、というものなのだろうか。 柔らかめで悪い印象ではないのだが……。

しばらくはこれで遊んでみるつもりだが、 ロシア製のJupiter-12 35mm F2.8などという 35mmレンズに触手が動いている今日この頃である。 レンズ構成はビオゴンで、ライカマウントだそうな。 最近のは工作精度が落ちているので、むしろ古いほうが狙い目だとか。 奥の深い世界である。