トップ > 興味のあること > コンピュータ > ハードウェア > パーソナルコンピュータ

更新情報

2020年7月6日 28インチ4kディスプレイ購入
2020年7月5日 楽曲データ音量正規化その2
2020年6月24日 WanderlustのMessage-ID
2020年6月21日 FIT e:HEVに給油
2020年6月20日 moto g8 power購入
2020年6月13日 FIT e:HEVを軽く汚れ落とし
2020年6月6日 FIT e:HEVタイヤ空気圧確認
2020年6月6日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
2020年6月5日 CRF250Lチェーンに給油
2020年5月31日 eSIMとAQUOS R
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

PC-9801VM2

1999年12月31日

1984ないし1985年に購入したマシン。 個人的には、 16ビットのMS-DOSマシンとして完成された9801だと思っている。 これ以降の9801には、本質的な変更はなかった。 もちろん、近年の9821シリーズは別だ。 これはWindowsに対応するためか、ずいぶん様変わりしている。 開けてみると、パーツはほとんどPC/AT互換機と変わらないし。

当時アスキーネットにはまりつつあったので、 さすがにAPPLE ][ではちと苦しかった。 モデムも300bpsや2400bpsで、 リアルタイムで読んでフォローをつけられるという牧歌的な時代だったのだが。 画面上を流れていく文字を、 それこそ文字通りのリアルタイムで読めるのだ。 が、全角仮名漢字交じり文を表示するには、 APPLE IIは力不足だったのだ。 まだワードプロセッサとしてはDISK BASICベースの松が圧倒的な強さを誇り、 一太郎はバージョン3が出たかどうかという頃だった。

DISK BASICはほとんど使わず、もっぱらMS-DOSマシンとして使っていた。 当時はexeとcomの違いがわからず、 exeを片端からcomにリネームしたりもした。 MicrosoftのCコンパイラはバージョン3で、 なんと24万円くらいの定価がついていた。 個人で買えるわけがない。 HiTech Cとかで遊んでいたが、 やはりTurbo Pascalのコンパイル速度は驚異的だった。 Turbo Cも、PC/AT版のバージョン1.0をコマンドラインで使っていた。 割り込み処理さえしなければ、問題なく使えたのである。