トップ > 興味のあること > コンピュータ > ソフトウェア

更新情報

2020年6月24日 WanderlustのMessage-ID
2020年6月21日 FIT e:HEVに給油
2020年6月20日 moto g8 power購入
2020年6月13日 FIT e:HEVを軽く汚れ落とし
2020年6月6日 FIT e:HEVタイヤ空気圧確認
2020年6月6日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
2020年6月5日 CRF250Lチェーンに給油
2020年5月31日 eSIMとAQUOS R
2020年5月30日 ヘルメット新調
2020年5月23日 FIT e:HEV ETC 2.0取り付け
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

cvs2svn

2009年11月3日

職場のバージョン管理システムを、 CVSからSubversionに切り替えることにした。 どうせならCVSでの記録も持って行きたいので、 cvs2svnを試すことにする。 残念ながらリモートのリポジトリはサポートしていないそうなので、 まずはrsyncでコピーするとこから始めた。 と思ったら、CVSのリポジトリが13GBもあった。 新しいサーバー、そんなにハードディスクを用意していない……。

2009年11月9日

サーバーからローカルのマシンにCVSのリポジトリをrsyncしたら、 7GBとほぼ半減。 さらにcvs2svnでsubversionのリポジトリに変換したら3GBに。 なんと1/4である。 クラスタサイズとか、圧縮アルゴリズムの関係なのだろうか。

2009年11月14日

cvs2svn.configに

 [auto-props]
 *.png = svn:mime-type=image/png
 *.jpg = svn:mime-type=image/jpeg
 *.gif = svn:mime-type=image/gif
 *.html = svn:eol-style=LF;;svn:mime-type=text/html;charset=iso-2022-jp
 *.inc = svn:eol-style=LF;;svn:mime-type=text/plain;charset=iso-2022-jp

と書いて、 /usr/local/lib/python2.6/site-packages/cvs2svn_lib/property_setters.pyの

 for prop in props.split(';'):

 for prop in props.split(';;'):

と書き換えてから、

 time cvs2svn --auto-props=cvs2svn.config --encoding=sjis --encoding=euc-jp --encoding=iso-2022-jp --fallback-encoding=sjis -s svn www

を実行。204分かかった。