トップ > 興味のあること > 携帯電話

更新情報

2020年8月1日 CRF250L給油
2020年7月25日 CRF250L 6ヶ月点検
2020年7月19日 FIT e:HEVに給油
2020年7月6日 28インチ4kディスプレイ購入
2020年7月5日 楽曲データ音量正規化その2
2020年6月24日 WanderlustのMessage-ID
2020年6月20日 moto g8 power購入
2020年6月13日 FIT e:HEVを軽く汚れ落とし
2020年6月6日 FIT e:HEVタイヤ空気圧確認
2020年6月6日 CRF250Lタイヤ空気圧確認
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

moto g8 power

2020年6月20日

いつの間にかZenfone Max Pro (M1)が、 広告していないWi-Fiに繋がらなくなった。 そして今頃気がついた、 A2DPがうまく動いていないという衝撃の事実。 加えて、なかなかAndroid 10にならない。 なので、ついmoto g8 powerを購入。 ヨドバシカメラでポイントを使ったので、2万8531円也。

スペック的にはメモリ4GBにフラッシュが64GB。 microSDは512GBまでサポート。 Dual SIM / Dual VoLTEだが、 2枚目のSIMはmicroSDと排他使用。 CPUはSnapdragon 665で、これを2GHzで駆動する。 ディスプレイは6.4インチのIPS液晶で、2300×1080ピクセル。 399ppiだそうで、さすがに文字も滑らかに表示される。 こんな表示になれてしまうと、 低解像度のディスプレイには我慢できなくなってしまう。 惜しむらくは、 802.11 b/g/nにしか対応していないことか。 まあ実用上の問題はほとんど無いのだけれど。

そして最大の長所は、 Zenfone Max Pro (M1)同様の5000mAhなバッテリー。 フル充電だと2日動くそうだ。 ちなみに充電にはUSB Type Cのコネクタを使う。 付属の充電器は18Wクラスで、 15分の充電で最大8時間動作するとうたっている。

カメラはイン、アウト、共に1600万画素。 Google Photoにギリギリ無料でバックアップできる。 アウトカメラはさらに200万画素のマクロ用と、 800万画素の広角、同じ800万画素の望遠と、 合計四つの撮影ユニットが付いている。

帰宅してセットアップしたら、 ディスプレイに貼ってあるフィルムが不透明で、 貼ったままだと何が起きているのかさっぱりわからなかった。 今までの経験では、 透明で導電性のフィルムが多く、 剥がさなくてもセットアップできるものばかりだったのだが。

そしてこの機種も広告していないWi-Fiにつながらない。 2機種で同じ症状ということは、 個体の問題ではないのでGoogle検索した。 すると、 ネットワークを追加する時に「詳細設定」で「非公開ネットワーク」を「はい」にしないとダメなのだ。 そして一度追加したネットワークを編集しても、 この項目が出てこない。 なかなか凶悪な仕様変更である。 セキュリティ上の理由らしいのだが……。 ユーザーインターフェース的には素のAndroidのように感じる。 変に凝って遅くなったり、 使い方がよくわからなくなるよりずっといい。 が、なぜかmicroSDを内部ストレージとしてフォーマットできない。 まあ、今回は使いそうなアプリケーションをインストールしても、 内蔵フラッシュは30%くらいしか使っていないので問題は無さそうだが。 懸案のA2DPも、MDR-EX31BNにつなげた限りでは問題無さそう。