トップ > 興味のあること > 機械としての車
モッピー!お金がたまるポイントサイト
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

次期主力乗用車2002

2002年10月16日

1992年(平成4年)に購入したC23セレナがだいぶくたびれてきたので、 次の乗用車を探すことにした。

セレナは全長4.3mだが、 これでも通りから駐車場へスイッチバックする時にややもてあます。 子供も大きくなり、 これからは家族全員で移動することも少なくなる見通しなので、 次のクルマは乗車定員5名で全長4m前後、 荷物もそこそこ積めるという条件を考えた。 ところが、これを満足するクルマ、特に全長の点で選択肢がほとんどない。

最近はコンパクトカーが流行だとかで、ヴィッツ(3.6m)、 マーチ(3.7m)あたりががんばっている。 が、母親にいわせると小さすぎて不安らしい。 「あれで高速道路を走るなんておっかない」だそうだ。 今時のクルマで高速道路を走れないわけないのだが。 で、その対抗と目されるフィットだが、 これは全長3.8mで前2車よりもやや大きい。 ガソリンタンクの位置をセンターに持ってきたこともあって、 広大な室内空間と荷室をもっている、らしい。 なので、まずフィットをノミネート。 ちなみに、 フィットのサイズはワンダーシビックの3ドアハッチバックとほぼ同じみたいだ。

他に手頃なサイズのクルマを探すと、 あとは3.9mのデミオと4.1m台のカローラランクスしかない……。 日産はいつの間にかこのクラスのハッチバックを作らなくなったみたい。 となると、フィットとランクスの一騎打ちということになる。 個人的にはフィットの方を気に入っているのだが、問題は母親である。 彼女は車酔いしやすいので、乗り心地が問題なのだ。 本人に言わせると「値段の高いクルマの、 フワフワな乗り心地だとダメ」らしい。 それでいくと、やっぱりフィットの方がよさそうなのだが……。 とりあえず、週末にでもディーラーの試乗車に乗ってみるとしよう。

グレードとしてはフィットなら1.5T、ランクスなら1.8Sあたりだと思うが、 普通はこの2車が競合車になったりはしないだろうなあ。 1.5TとXならともかく。 どっちにしても実用域のトルクが太いエンジンの方が楽で、 むしろ燃費もよくなるのではないかというのがひとつ。 もうひとつは、 1.5Tだとシフトスイッチによる7段ミッションとして使えるし、 1.8Sだとクランク状にゲートを切ったATなのだ。 どっちも一度は使ってみたい。 本当はマニュアルミッションが一番いいのだけれど、 フィットには設定がないし、ランクスだとえらく高いのだ。

2002年10月17日

家の近所のトヨタネッツ店で、アレックスの試乗を予約する。 ランクスとは兄弟車でほとんど変わらないはず。 母親を連れて乗り心地のチェックだ。

2002年10月19日

今日は母親を連れて試乗。 予定通りアレックスとフィットだ。 ただ、アレックスの方はXS180と言っておいたのにRS180が用意されていた。 エンジンのフィールも乗り心地もだいぶ違うと思うけどなあ。 安い方のフロアマットに26万円のDVDナビをつけた状態で17万円引き。 「今日決めてくれれば」という定番のセリフが出たが、 フィットに試乗してからということで退散。 母親はエンジン音といい、乗り心地といい、 いまひとつ気に入らなかったようだ。

ホンダのディーラーについて駐車場に停めてあったフィットを見るなり、 「あら、これいいじゃない」と母親の第一声。 飛び込みだったが、1.5Tの試乗車を用意してもらって自宅まで走ってみる。 さすがに駐車場にも楽々出入りできる。 夕方の混む時間帯だったので、 1.5Lエンジンと1.3Lエンジンの差はよくわからなかった。 7速マニュアルシフトモードも試してみたが、 はっきりいって私が純然たるマニュアルシフトを使うより早くてスムーズに変速する。 店に戻ってから値段の話をすると、 フロアマットと純正のDVDナビをつけて5万円引き。 まあこんなもんでしょうと即決。 私的な本命はフィットの方だったので、 母親が気に入ってくれてよかった。

2002年11月12日

駐車場の利用許諾書や譲渡同意書、 諸々の書類をカーディーラーに持っていく。 運転免許証の書き換えも必要だったので、 有給休暇を取ってあちこち回った。 さすがに平日の昼間は、カーディーラーもガラガラである。 担当者もお休みだそうだ。 アポイントメントを取らずにいったので、文句も言えない。

2002年11月14日

帰宅後、 ディーラーの担当者から「書類を受け取りました」の電話があった。 ちゃんと連絡を取るとは、感心、感心。つーか、当たり前なんだが。

ディーラーにクルマが来るのが21日なので、 引き渡しは26日か27日あたりになるらしい。 「夜なら取りに行けるのだが」などと会話していると、 どうもクルマというのは「届けてもらうのが当然」と思う人が多いようだ。 私なんかは取りに行くほうが好きなんだけどねえ。